施工事例

掛川市外構|高低差をデザイン

Planning|設計・施工のポイント

外構エクステリアでコストが掛かるのは、土留めや塀など工作物を造る工事になります。道路と敷地内に高低差がある場合はどうしても土留めを施工しないとおさまらないケースが出てきます。そのコストが掛かる土留めを極力無くし景観を考えて植栽をなるべく多く配置できるようにプランを組立てました。アプローチは建物に対して直角ではなく斜めに少し振ることで三角のスペースが生まれます。アプローチを挟んで互い違いに出来たスペースに植栽を施せば雑木のトンネルができます。枝葉が風に揺られ大谷石に木陰が映る風景は心地良く癒されます。
ただ単に安い材料を使って予算内に仕上げるのではなくプランニングの工夫でコストと出来映えを考えてご提案させて頂いた現場になります。

TOPへ