2015-03

木と人 生き物と大地、共に生きる未来 〜高田造園設計事務所〜

IMG_4712
先日、千葉県千葉市美浜区にある『cafeどんぐりの木』で開催された高田造園設計事務所の高田さんが講師『木と人 生き物と大地、共に生きる未来』の講演会に出席してきました。
冒頭に高田さんから、「造園業を通して木の力を使って住まいの環境を改善していく造園を志してきました。その中で、人間が健康で元気をもらえる住環境とはどんなものだろうかと追求してきた結果それは、生き物や木にとっても健康な住環境であると行き着いた。これからは、健康な自然環境を整えることが究極の役割だと考えながら最近は仕事をするようにしています。」そんな話しから始まりました。下記にレポートとして簡単にまとめます。

自然界が健康であるためには不可欠な大地の中の見えない部分の空気と水の流れ、水脈について考えていく必要があります。水脈は人間の血管みたいなもので人間は7割が水分でできていると言われています。大地も7割が水と考えても良い。川として目に見える水はほんの一部で水は大地の血管を通して地上や地下を行き来しています。水が動けば空気も動き、空気が入れば生き物も健康に育つようになります。だから水脈が健全であることがとても大切であります。しかし、現代の土木は表面的な水の流れしか考えず大切な地面の中の水と空気の流れを考えていないのです。コンクリートで固めたり土留めをしたりして水脈を潰してしまっています。
そんな今日、庭に樹々を植栽する時も土壌改良だけでは通用しない現場もあります。何回植え替えても枯れてしまう。それは水脈、通気の問題があると思います。通気が悪いと土の中に水は滞水し酸素が不足し土が青灰色になってしまい、入れ替えた良い土までもが悪くなってしまいます。そんな地面が呼吸出来ない環境では樹々も育つことができません。

高田造園設計事務所さんが施工したここ『cafeどんぐりの木』、植栽して4年が経った今、樹木が健康に育ってきていません。もちろん、自然の山のような樹種の組合せと植付け時の土壌改良はしっかりされているそうです。根が伸びることで土壌が改善され良好な水脈となっていくことがあるのですが、そのために根に力があるコナラを主木として植栽しています。しかしここでは、2、3年後から樹々は衰弱し土が硬くなり始めてきた。植栽時に良い土を入れ替えてもどんなに土壌改良をしても更にその下の土壌が悪く、水脈が途絶えていて通気不良であれば、入れ替えた土も悪くなってきてしまう。そうすると生育不良となってくる。『cafeどんぐりの木』では土中の水脈が主な原因だと予想されます。
木肌を見てもわかります。
IMG_4717

IMG_4714
樹皮は老化しカビやコケが出始めています。いかにも肌がザラっと荒れてきています。木が苦しんでいる状態にみえます。
では、どうしたらいいのか?!この木1本をどう生かすかを考えるのではなく、これからは環境全体を考える視点が大切になってきます。
IMG_4300
今回の改善施工したことは、樹木の捕植に伴って下地を1m程度掘って通気浸透改善と、深さ1〜1.2m程度の竹筒を20カ所程度埋け込みその廻りに炭と腐葉土を戻します。
竹筒の下で地中の水分を集中させ毛細管現象による水が浸透していき途絶えていた水脈の断片を探し出します。そして、途絶えた水脈と合流し水脈が再生し始めます。土壌の通気の改善され、中まで酸素が動くようになり、生き物、微生物も動くようになります。これで、水脈が改善され空気が流れ土壌の健康が取り戻されることでしょう。

ここまでで講演のだいたい半分の内容です。その他に団粒構造など土壌の仕組みや昔と今の住まいと土壌環境の比較などたくさんの為になる内容でした。また、機会があれば報告しますが、自然に習って暮らしていた昔はうまく循環されていたことから考えると、今求められてることは自然界の動きや自然の感覚を取り戻さないといけないと思います。土や木など自然を知っていこういう見方を持って生きていくことが大切になってきますね。人間優先の考えでなく自然環境のことを考えていくことが必要です。先日の東京都国立市のさくらの街路樹撤去の話しでもそうですが、何かを建築したりする際、そこに木があれば撤去するという安易な考えでなく、何かを造るためにどちらかを選ぶのでなくそれぞれが共存できるような世の中になっていければ良いと思います。

難しい問題ですがこれからの造園はそういう役目があるのかもしれませんね。ぼくも少しずつですが、がんばっていこうと思います。
庭から自然を造り戻し、街、都市環境へと自然環境が健康になっていくような仕事に取り組めたらと思います。

2015-03-23 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

水脈、気脈改善工事

高田造園設計事務所さんと一緒に矢野智徳さん流の水脈、気脈改善工事をしております。
家の北側に山を背負った敷地で粘性土の中々の条件です。IMG_4268
山側と家際に溝堀りをし数カ所縦に深い穴を掘っていきます。
IMG_4263
掘ってくると血管のように走る水脈にぶつかると水道管を割ったように水が沸いてきます。
IMG_4271
出てくる土はヘドロかした青い粘土。これでは、水が停滞し土が悪化していきます。今回はこの住宅造成した時に悪化された大地の中の水と空気の流れを徹底的に改善していきます。改善をしていかないといつまでも北側はジメジメしてしまい、樹木にとっても人にとっても良い環境ではありません。
IMG_4280
掘った溝に炭や枯れ枝を戻していきます。現代土木のパイプやコンクリートでの排水だといずれ詰まってしまいます。有機物と無機物をバランスよく合わせながら埋戻しをしていきます。また、枝もただ並べるのではなく物事を動かすのは水や風なので水や風ならどうするか、水や風の気持ちを持って作業をしていきます。川で枝が流れていきどのように枝が地面や石等に刺さって止まるか、そんなイメージをしながら作業を進めます。IMG_4302
その上に植栽の木立を配置します。空気や水の流れが良好なところなのでここに樹木を植えると樹木は健康に育ちやすくなります。また枝が腐れば栄養になり根を張りやすくなります。
水脈、気脈改善工事は大変な作業です。ただ、木が健康に育たなければ病害虫はつきやすくやるし心地よい環境を我々には与えてくれなくなります。どこまで根気強く作業できるかですね(笑)

IMG_4002
今回、工事に使った枯れ枝の一部は実は、友人の屋敷林に囲まれた古民家から譲り受けました。

IMG_4011
庭は淡竹に追われ、枯れ枝などの処分にも困っていたそうです。庭をつくると落葉の問題も出てきますが落葉も枯れ枝もしっかりと資源になるのです。樹々の役割、力をもう一度見直す時がきたようにも思います。また、自然界も人間界も滞ってはいけないと感じました。淡竹の整備に訪れ、人が動けば物も動くのですね。

IMG_3990
さて、自分の現場も紹介します。白い四角い家の外構・雑木の庭工事も終盤です。坪庭と下草の植栽や整地をして完了となってきます。
もうすぐ、雑木も新緑が出てきます。雑木にとって一番感動を与えてくれる季節がやっきす。一日一日、変化する様を楽しみに現場を進めて参ります。

2015-03-07 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

ログハウス『雑木の庭』工事も終盤です。

IMG_4205
1月の後半、境界のウッドフェンス工事からスタートしたログハウス『雑木の庭』工事の植栽工事がほぼ完了となりました。落葉時期にも関わらず植栽でログハウスが見えない位です。夏場には全く見えないことでしょう。
IMG_3784
植栽前のログハウスは何か落ち着きのない感じがします。植栽工事が完了し緑に包まれ潤い豊な住まいへ変貌したように思えます。住まいは建物だけでは完成しません。外空間の植栽があってこそ心地良い住まいとなるのだと改めて感じます。
IMG_4185
植栽が入ることでアプローチにも奥行き感が感じられます。
IMG_4178
アプローチと駐車場の仕上げは土を固めて仕上げる三和土にします。完璧な舗装ではなくいずれくぼみやクラックも入り補修する必要も出てくることでしょう。住環境(熱環境)を考えるとコンクリートで固めるより水を吸い込み温度調整してくれるこの素材のが優れています。
IMG_4201
南の庭の園路にはウッドチップを敷き木立の下の黒土とのコントラストもきれいです。庭に締まりが出たように見えます。
IMG_4202
IMG_4204
昨日、最後の植栽は、ご家族と一緒に植付けをしました。お子様が拾ってきたドングリを鉢に蒔いて芽ががでてきたコナラとトベラです。この苗と今回造った雑木の庭が共に成長していくことを願います。雑木の庭は植栽完了後から庭を成長させていくことも楽しみの一つとなります。
残りは三和土仕上げです。腱鞘炎になるまで気合いを入れて叩きまくります(笑)

2015-03-01 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

浜松市東区外構エクステリア|雑木とウッドフェンス

Planning|設計・施工のポイント

南道路の敷地で目隠しをどうするかがポイント。建物の雰囲気に合せてウッドフェンスで庭と駐車場を仕切ることで室内にいても落ち着いた生活がおくれます。ウッドフェンスに雑木を組合せ室内から見ても外から見ても落ち着いた佇まいになるようにしました。
アプローチはコンクリートの柵板を立体的に据付け陰影を出しデザイン性を持たせました。

 

TOPへ