晩秋の八ヶ岳倶楽部〜蓼科高原

先日、11月の半ば頃に信州方面に行ってきました。もう、紅葉は終わりもう少し早く行けば良かったのですが、人は少なく静かで新たな発見もありそれはまた良かったです。
まず、始めに訪れた場所は、柳生博さんが30年掛けて造った雑木林がある八ヶ岳倶楽部に向かいます。長男の真吾さんの件は残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。IMG_3133
IMG_3127

ご覧のように落葉していました。でも、地面に落ちたたくさんの葉っぱを見て息子は大はしゃぎです。
IMG_3033
大きい葉っぱや赤いモミジの葉っぱやドングリを探してコンビニ袋に入れてコレクションしています。子供は何でもおもちゃにしてしまいます。2歳児の片言の言葉には「これ大きい!真っ赤なの!、どんぐりあった!」もう、無我夢中です。普段の生活ではこんなにたくさんの落ち葉はなく興奮している様です。落葉しているなと分かって少し残念でしたが子供の笑顔を見てやっぱり来てよかったなと思います。
IMG_3099
ウッドデッキにはカラフルな落ち葉が化粧をしているようです。こんな絵もこの時期だからこそ楽しめますね。
IMG_3022
そして、ここに来たら必ずいただく果物満載のフルーツティー。
IMG_3119
体だけでなく心も暖まります。
八ヶ岳倶楽部を後にし、蓼科湖に少し立ち寄ります。
IMG_3135
ここは、少し紅葉が残っていました。
次に向かったとこは、『蓼科大滝』
IMG_3217
ここは、観光客もいなく穴場スポットではないでしょうか。お勧めです。何がおすすめって、車を止めて大滝までの10分程度の山道がすごいのです。
IMG_3186
苔むした石畳の山道の廻りは根が上がったサワラの原生林になっています。
IMG_3183

IMG_3171

IMG_3163
IMG_3192

IMG_3229
石を包むように、そして、くねくねと幹を曲げて幻想的に生息しています。ジブリのもののけ姫の世界のようにも思えます。
IMG_3189
しかし、なぜ石を包む様に生息しているのでしょうか?誰か分かる人教えて欲しいです。。。
近隣の道路の開発や土木造成などが進み、環境が変わり山の中に水が走るようになってしまい、表土が流れてしまったのでしょうか。一度倒れ掛かったけど、その更に下の部分の水脈は健全で生き延びれたのかな。なんて推測してみます。また、違う季節にも来てみたい場所です。
次の日、車山高原の草原を横目にビーナスラインを走ります。
IMG_3298
IMG_3332
白樺湖に富士山を眺めしばし休憩。
IMG_3343
着いた先は、八島ヶ原湿原。1年に1mmずつ堆積する泥炭層の厚さは約8mもあるそうです。1万2千年の時が造った自然の美しさに圧倒されます。いつか、インタープリターと一緒に散策してみたいですね。

最後に訪れたところは、長門牧場。ここへはピザを食べにきました。本格的なピザ釜があっておいしいと評判です。
IMG_3401
評判通りとてもおいしく、大満足です。
草原もとても広く子供が走り回るには格好の場所です。
IMG_3482
天気も良い日だったので景色もよく、とても気持ち良いところです。
IMG_3453

今回の旅は普段訪れる季節とずれることでのんびり出来たのと新しい発見などもあり、十分に楽しめました。自然は裏切りませんね(笑)

2015-11-25 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

天竜の山で

天竜の山で木こりをやっている友人が山を借りたというので、大工さんとデザイナーさんと一緒に天竜の山に行ってきました。
IMG_6897
木こりの友人は、『山を借りたら古民家もついてきた。』と話し、その古民家は築100年程らしいです。外観は見てもすぐ分かる位傾きはひどく修繕は大変かなと思わせる位の状態ですが、中を見ると建具の状態はとても良く、住む状態まで持っていくことは難しいかもしれないけど人が集まれる程度ならなんとかなるかなという感じでした。
IMG_6894
向かって右側には納屋と馬小屋で使用していた小屋が残っています。
IMG_6900
軒の水平ラインが美しく建築の納まり的にも面白いと大工の友人は言います。
IMG_6906
ここら辺の集落は室町時代から続くみたいで、この場所も室町時代から建て替えて住まわれた場所だそうです。西側へ廻ると室町時代からとまでは言わないが古い時代につくられたであろう石垣が残っています。そこには生垣で使われていたのでは無いかと思われるマキの木が巨木化して生息しています。
IMG_6908
調べてもらった杉の木は樹齢500年らしいです。
ここでも水脈の話しが頭をよぎります。空積みで積んだ石積みと地形高低差があるところでは水脈が健全で水と空気の流れが豊かなのでしょう。この環境では樹々は根を伸ばし大木になることがでるのでしょう。
IMG_6901
そしてこちらの木は中は空洞化でも幹内部から不定根という根を地面までおろし地中から養分を吸って未だ生きています。
IMG_6902
幹内部は空洞化になってしまい弱くなってしまったが幹の端を巻き込み倒れないように自ら形を変えがんばっています。木の生命力は凄いです。感動させられます。
犯罪が多くなってきた世の中、命の学習は中々家庭でも学校でも教育は難しいです。こういう自然環境の中で学ぶものなのかもしれません。この山を子供達が命の学習をできる学びの山になってもいいかもしれませんね。
IMG_6915
建物の南側は開けていてそこからは晴れていれば遠州灘が見えるそうです。
IMG_6910
建物の奥が借りた山。山手前には大人二人では手が廻らない程の楠が見えます。その奥は杉やヒノキの人工林、更に奥に行けば、広葉樹が残っています。
IMG_6921
大木の楠まで行って、今日はここまで。3時間程、木のこと、山のこと、土のこと、古民家のこと、水脈のこと(笑)などなど、話しは尽きません。持ち主でない僕もなんだかワクワクしてきました。この山をこれからどうしていくか、もっともっと一般の人でも魅力的や山にしていくか、ぼくも微力ながら協力させて頂きたいと思います。

2015-07-12 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

日光東照宮 世界一の杉並木

深岩石の採掘場の見学し車を走らせ日光東照宮へ向かいました。道中、総延長35.41キロメートもあると言われる世界一の杉並木を通ります。
IMG_4945
近年では樹勢が衰え修繕工事がされているそうですが、400年も生息し続けていることに感動します。これも、植栽時に水脈のことなど考え地形に高低差をつけるように植樹したからでしょうか。そんなことを考えてしまいます。あたり前のこととして昔の人は水や空気の流れを考えて施工していたのでしょう。昨日、今日と千葉の高田造園設計事務所さんのフィールドで行われた『大地の再生講座』で矢野智徳さんの言葉を思い出します。(高田造園設計事務所さんのフィールドで開催された矢野智徳さんによる大地の再生講座についてはまた後日ふれたいと思います。)
IMG_4962
境内は杉の大木に圧倒されます。
IMG_4961
石積みと共存する杉の大木を見ては、コンクリートで土留めをする現代土木と比較して明らかに写真の方が良いと感じます。
IMG_4957
石にコケがのり周囲の緑と調和した景観はコンクリートには出せません。水や空気の通り道ができるのも石積みの利点だと思います。また、杉の根が張ってもびくともしない石、しっかりとした技術を持てば石積みと樹木は共存できることが分かります。強度的にもコンクリートより優れているのではないかと感じさせてくれます。
IMG_4968
中へ進みます。
IMG_4982
「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿
IMG_5005
「眠り猫」
IMG_4990
家康の墓へと向かいます。整備された切り石の土留めと舗装、杉並木には神秘さを感じます。
IMG_4997
家康の墓所、「奥社宝塔」
その他、境内内は現在、平成の大修理中でした。

5月に行う浜松城近くのホテルでお茶会を行いますが、その席では席主代理を勤めさせて頂きます。家康のお墓もお参りできたのでうまくこなせるかな。(笑)

2015-05-14 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

伊豆半島の旅 〜森の力、石の迫力〜

IMG_5572
ゴールデンウィークはお休みを頂き家族で伊豆半島に旅行へ行ってきました。森を構成する全ての物からパワーをもらいまた、リフレッシュさせて頂きました。
写真は旧天城トンネル付近です。谷間を流れる渓流の水の光やせせらぎの音などには癒されます。そのせせらぎの音は木の葉が風にそよぐ音や鳥のさえずりまた、落葉を踏み込む音までを取り込み奏でる音色は普段の生活には聞くことができない非日常的な音色で心を和やかにしてくれます。
流れを見ては、高田造園さんや矢野さんの言葉を思い出します。自然界には一定的な傾斜はなく水は勢いが出たら深みを作り、力を調整していることがよく分かります。
IMG_5551
こちらの写真はカツラの大木です。樹齢何年でしょうか?!この木を見て驚いたのはどんどん若い木に更新しているところです。
IMG_5559
老木は役目を終えて倒れてはそれが栄養分となり若い木に渡すことを繰り替えしています。
IMG_5563
老木の倒れ方も若木を思って倒れているところが分かります。地面に突き刺さるように倒れています。地面に刺さった枝はいずれ朽ちて土の栄養分となりまたそこが空気や水の道となるのでしょう。この木を見ると木っていうのは寿命はないのではないかと感じます。豊かな環境であれば永遠に生き続けることができるのではないでしょうか。
IMG_5564
この木は大きな石を抱え込んでいます。それでも倒れずに生き続けていけるですね。強風がきてもきっと周辺の樹々が風よけとして助けてくれるのでしょう。木はどんな状況でも生きようとしています。国立市のさくら並木のことを思い出します。本当にあれは伐採すべき木だったのであろうか。ちょっと、考えて手助けをしてあげれば樹勢も回復し木と人が共存し安全で安心する街路が形成できたのではないかと思われます。
IMG_5513
こちらは旧天城トンネル入口です。トンネルの上部付近も植生は豊かです。トンネルの構造は全て切り石でできています。コンクリートを隙間無く頑丈に固めすぎない構造、ちょっとの隙間が水と空気の流れが生まれるのがいいのかもしれませんね。
IMG_5949
場所を移してこちらは伊豆石切り石場跡地で今は霊廟として利用されています。伊豆は石の産地としても有名でした。浜松の笠井町付近では石の蔵が今でも多く残っていますがあれは伊豆石を使っています。かつては、天竜の山で木材を船で天竜川を下り江戸まで運びその帰りに伊豆で石を積んで浜松に戻って来たとのことです。
IMG_5955
まるで古代遺跡に来たように感じます。

旅行の一部を紹介しましたが、十分に充電ができたゴールデンウィークでした。ご提案を通してみなさまに還元させて頂きたいと思います。

2015-05-07 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

2014夏旅2〜那須高原〜

IMG_0299
まずは、朝食前の散歩からはじまります。朝靄の立ち込める清々しい朝です。宿周辺の樹木はミズナラ、シデ、ヤマザクラ、ヤマボウシ、リョウブ、エゴノキが見られます。
IMG_0436
近くには小川があり、水の流れる音には癒されます。水質もとてもきれいです。水がきれいなのもこの雑木林があるおかげなのでしょう。
IMG_0634
アスファルトも苔むしていてどこを通っても気持ちよく感じます。散歩コースには困りません。
IMG_0347
所々、足下にはコバノギボウシが咲いています。透き通る清楚な花なですね。
IMG_0365
場所を移し、ここは、日光国立公園「那須平成の森」になります。元々は、那須御用邸であり、その半分の敷地を自然環境のモニタリング調査やフィールドセンターや歩道など整備し国民が自然に直接ふれあえる場としての国立公園となったそうです。
IMG_0443
園路はウッドチップも敷かれふかふかしとても歩きやすく、夏の日射しを遮る雑木が木陰を造り涼しく癒してくれます。正にお陰様です。この暑い夏だからこそ陰の有り難さを感じます。その陰様は目紛しい日常生活から解放され心を身体をリフレッシュさせてくれます。
IMG_0467
廻りを見渡すとミズナラが優先種で多く生息しています。その下にはコハウチアワカエデが軟らかく枝葉を広げています。ミズナラが日射しを遮りその下の優しい光があるからカエデが自然に軟らかく生きているのですね。木は一本で生息しているのでなく廻りの樹々と寄り添ってお互いが助け合いながら生きているのが分かります。庭作りでもなるべく自然の森のように樹々を配置しなければなりませんね。僕らが緑の力を利用し快適に過ごしたいなら樹々達にも快適な環境を与えなければなりませんね。自然の森のような庭を目指し、樹が過ごしやすい庭作りを考えていかなければなりません。
IMG_0383
そして、1歳半の息子と一緒に葉っぱの学習プログラムに参加しました。今から英才教育です(笑)カードに書かれたお題の葉っぱを探すゲームです。お題は色や大きさ、感触など葉っぱの特徴は様々あります。
IMG_0657
場所を移しこちらは、乙女の滝。
IMG_0649
IMG_0658

IMG_0647
しばらくここに佇みたくなる風景です。流れと樹の組み合わせは格別です。樹がどうやって伸びているか、流れの石の自然な配置など見所たくさん、自然から学ぶことは多いです。

夏期休暇で心癒されリフレッシュと共に学ぶことも多く更に住まい造りに意欲が沸きました。各現場で活かせていければと思います。

2014-08-26 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

2014夏旅1〜大谷石採掘場跡地、芦野石ストーンプラザ〜

IMG_0097
お盆休みを利用し北関東の地を訪れてきました。
始めは、ぼくの外構・造園現場でもよく使用する大谷石の採掘場跡地を見学です。大谷石は、フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテルが有名ですね。地下へ入るとひんやりとします。真夏なのにこの日は11℃そして、巨大空間にびっくりします。
IMG_0114
IMG_0125
昭和35年に掘削が機械化され、壁についた縦の溝は丸鋸の跡になります。しかし、それ以前は、人力で掘削していたそうです。1石を掘り出すのにツルハシを4000回ふるったと言います。昔の人のパワーと忍耐強さにもびっくりします。
IMG_0155
写真の白い霜のような結晶体はゼオライトになります。この大谷石が持つゼオライトが多くのシーンで効果を発揮しているそうです。癒し効果やガスや水を吸着や消臭にも有効です。そして、ぼくらが扱う樹木にも効果があります。
IMG_0093
採掘場の外は大谷石の岩盤なのに樹々に囲まれています。これもゼオライトが保水、保肥力などの効果を高めてくれているからでしょう。
IMG_0178
天然の洞窟の中にすっぽりと包まれた大谷寺を参拝。本尊の大谷観音は、岩彫りの千手観音は素晴らしかったです。(撮影禁止でご紹介できませんが。)
IMG_0179
隣接する平和観音には圧倒されました。岩壁に掘られた高さ27mにもなります。これらも大谷石は他の石に比べて軟らく加工しなすいから、施工できるのでしょうか。
大谷石は見た目も素晴らしいですが、効果なども考えてもっとこれからの携わる現場では多くのシーンで提案していきたい材料の一つになってくると思います。大谷石の魅力を更に発見できてよかったです。
大谷町を離れ次に向かった先は芦野石の産地にあるストーンプラザになります。
IMG_0184
隈研吾さん設計の芦野石をメインに使った石の美術館になります。大谷石と比べて芦野石は色合いは黒グレーっぽくなり硬くなり劣化が少ないのが特徴になると思います。モダンで上品な現場には大谷石より芦野石の方が合うかな。
IMG_0206
雨に濡れた芦野石も美しく見えます。
IMG_0207
切石の小端を積み重ねたボーダー状の芦野石の壁が美しく感じます。施工も大変だと思いますが、おさまりを考えるのも一苦労ですよね。天然石が持つ微妙な色の違いのコントラストもきれいですね。芦野石、大谷石と合せてこれからの現場で使用していきたいです。
IMG_0276
そして、この日は那須高原に宿泊。ここでは、ヤマボウシの実が既に色づいていました。ここでは秋が始まっていました。那須高原の旅レポはまた次回で。

2014-08-18 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

紅葉を楽しみに八ヶ岳倶楽部へ

八ヶ岳倶楽部

もう1ヶ月前のことですが、紅葉を楽しみに八ヶ岳倶楽部に行ってきました。今回で3回目の訪問です。前回は夏に行ってきました。

夏の八ヶ岳倶楽部2

こちらは、夏の写真。雑木林の合間にある枕木のアプローチを歩くのがとても気持ちよく、枕木に映る木陰が涼しく、木漏れ日は美しくも感じます。

柳生さんと

この写真のお方は、ここのオーナーでもあり俳優でもある柳生博さん。本を購入したらサインと写真を一緒にとってくれました。柳生さんは元あった自然の雑木林を取り戻したくて荒れた人工林を自ら整備し、今の雑木林を作られました。30年掛けて地道に作れれたそうです。柳生さんの本を読みこの人の情熱と未来のための思いなどには感動させられます。また、先日の高田造園設計室の高田さんのブログを思い出します。豊かな自然を取り戻すにはどれだけ大変か!伐採は簡単なことであり、一度伐採したら簡単には元にはもどらない。お金のため、一握りの人の良い思いのために、自然豊かな緑をなくしてはなりませんね。
今回の訪問は、柳生さんに「夏も良いけど、秋の紅葉もいいぞ。また、おいで。」と言われ、雑木と柳生さんの魅力にひかれ、また来ました。

秋の八ヶ岳倶楽部1

雑木林は夏と違った表情を見せてくれました。緑、黄、赤、茶・・・様々な色が楽しめます。

秋の八ヶ岳倶楽部2

子供たちも雑木林が楽しそうです。

秋の八ヶ岳倶楽部3

落ち葉のじゅうたんも素敵に見えます。

秋の八ヶ岳倶楽部 落ち葉

落ち葉をめくるとフカフカの土があります。落ち葉が堆積し土になっていったのが分かります。落ち葉もゴミでなく資源ですね。

秋の八ヶ岳倶楽部 フルーツティー

夕暮れ、肌寒くなりお店の中に入り、ここの名物のフルーツティーを頂きます。
そして、外を眺めると、

秋の八ヶ岳倶楽部4

ライトアップされ始めた雑木林はまた違った表情を見せてくれます。

秋の八ヶ岳倶楽部5

季節だけでなく、その1日の中でも見え方が全く違います。ここがまた雑木の魅力です。
この雑木が自宅の庭にもあると心豊に過ごせると思うのです。

そして、建築が増えると緑が減るのではなく、『建築が増えると緑が増える』そんな住まいを提案していきたいと思います。

2013-12-09 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

軽井沢 旧軽井沢〜吉村順三別荘

IMG_5522
昨晩は、雨風が大分降ったようで、朝、外に出ると落ち葉がたくさんでした。

IMG_5528
IMG_5530

ここでもやはり、落ち葉は絵になります。落ち葉は、楽しむものですね。

IMG_5534

そして、向かった先は、旧軽井沢地域。まだ、もやが掛かっていました。でも、それがまた良い雰囲気を醸し出してくれます。

IMG_5541
IMG_5548

この辺りは、木々に囲まれた別荘も多い地域です。主役は、建物ではなく、周辺の雑木林ですね。このローケーションが欲しくてこの地に別荘を持ったのでしょう。

IMG_5554

こちらは、場所を変えて旧軽井沢銀座の裏手。この民家も雑木に囲まれています。木々は、2階の屋根まで超える大きさです。木は大きくなっていいのです。軽井沢の地だからできるのではなく、意識の問題だと思うのです。落ち葉だって絵にもなります。隣地に舞ってもいいではないですか。それが自然であるし、落ち葉掃きだって1年で考えれば数日のことです。

IMG_5558

こちらも、背丈も大きく生き生きした木々たちが主役です。落ち葉のアプローチも素敵です。
これらの例に習って、一般の住宅でも庭から考える住宅があってもいのではないでしょうか。庭が主役の家です。よく、「庭付きの家」が欲しいと言いますが、「家付きの庭」があってもいいと思うのです。庭から考えた間取りや配置があってもいいと思います。

IMG_5601

そして、向かう先はこの先にあります。分かる人には分かると思います。

IMG_5584
IMG_5587

雑木に囲まれた吉村順三さんの別荘があります。建築に携わる人なら一度は吉村順三さんを通るのではないでしょうか。あの巨匠がこの地に別荘を建てたというのは、やはりこの雑木に囲まれたロケーションだと思います。住まい、暮らしを考える上で外回りは切り離せないポイントの一つだと思います。建物本体だけで住まいを考えるのではなく、敷地全他、更に周辺環境を利用したプランニングを心掛けると心地良く、心豊かな暮らしが送れると思います。私は、心地良いな、気持ち良いなと感じるのは家の中より外にあり、自然の中に溢れていると思います。だから、住まいを『外』から考え、庭と建物が調和するような提案をしたいのです。
雑木の庭があると、管理が大変だと言う声もあるでしょう。なるべく管理が掛からない植え方をすればいいのです。樹木を密植する。地面を叩いて仕上げる。支柱はしない。土壌改良をしっかりする。などなど、ポイントはあります。気を掛けてあげることが一番だとは思いますが。

IMG_5564


 

 

 

 

2013-12-05 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

軽井沢の紅葉の旅  ハルニレテラス〜夜の軽井沢高原教会

IMG_5286先日、紅葉を見に軽井沢を訪問してきました。紅葉はちょうど見頃を迎えていました。色付いた雑木林を抜けるとそこは、星野リゾートが運営するハルニレテラスがあります。IMG_5325途中、ニシキギの木が葉っぱも実も真っ赤に染まっていました。
IMG_5308連休ということもありテラスは大賑わいでした。
IMG_5318ここの名の由来であるハルニレの木は葉っぱが散ってしまっていました。職業柄、これを見てしまうと残念に思ってしまいました。それは、葉っぱが散ってしまったことではなく、剪定の仕方。枝先を切るような剪定ではせっかくの自然樹形が損なわれてしまいます。『ハルニレテラス』と名が付いているのだからもう少し考えた剪定をしてほしいものです。(まあ〜小言は聞き流して下さい。)

でも、全体のロケーションは最高です。
IMG_5365すぐ脇には川が流れています。水が流れる音を聞きながら紅葉を楽しむのは格別です。
IMG_5357雑木林を抜ける親子の後ろ姿も絵になります。
IMG_5397そして、夜訪れたところは、軽井沢高原教会。ろうそくとライトアップの演出で素敵な空間になっていました。
IMG_5427教会の中では、ハープコンサートが開催されています。自然溢れる環境の中でのハープの音色は癒されました。
IMG_5471
IMG_5461落ち葉も絵になります。樹木を提案させて頂くと落ち葉掃きを気にされる方もいらっしゃいますが、せっかくだから、落ち葉は楽しむものだ。と思えば少しは気が楽になるのではないでしょうか。
IMG_5472雨で濡れた園路も素敵です。
IMG_5500灯りをたっぷりと浴びた誰もいない駐車場でさえ素敵に見えます。木々があるとどんなスペースでも絵になるものですね。木々は、新緑や紅葉などの四季で楽しむだけでなく、その日の朝と夜とでも表情を変えて僕たちを喜ばせてくれます。

やっぱり、住まいにも木々が必要だと思います。忙しい日々を送る中に、自宅の庭にこんな雑木の庭があったらいいと思いませんか?!

 

2013-11-16 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

TOPへ