本格的な「雑木の庭」の作り方

木が健康に育ち、人が心地よく感じる

木が健康であれば、人にも心地よさを与えてくれます。見た目が雑木林に見えるだけでは、本当の雑木の庭とはいえません。「健全な森林とは、どんな環境なのか」を考えることから、雑木の庭づくりは始まるのです。自然のありのままの植生にならって、山のような空気感を庭にもたらすこと。それによって、人の暮らしも快適になること。それが、本来の「雑木の庭」の魅力です。


ナインスケッチの植栽方法は、見た目を優先して木を植付けるのではなく、樹々が健康に生息していくことを目標に森林植生に習って植栽するようにしております。鑑賞するだけの庭ではなく、緑の力を生かして心地良い住まいを外廻りから考え、ご提案します。

土の中に「水」と「空気」の通り道をつくる。

土の中の水脈は、人間のからだに喩えると「毛細血管」の役割です。からだの隅々にまで血を巡らせるように、土の中に水脈をとどこおりなく巡らせることが、土壌づくりの基本です。溝を掘り、土の中で地形の高低差をつけ、水が動くようにしていきます。水が動けば、空気も動きます。空気が動くところに微生物や小動物が発生しやすくなり、彼らの働きによって、健全な土壌がつくられます。そこに樹々の根が伸びやすくなります。

縦穴や横溝には、有孔管を据えます。その廻りに、土木的には単粒の砂利をもどし、透水シートを敷きます。しかしこれだけでは、いずれ水脈が詰まってしまうので、長い間、水と空気が通るように、枝や葉や炭、ゼオライトや石や時には現場で出たコンクリートガラなど、有機物と無機物を混合して有孔管の廻りにもどします。

こちらは、日光東照宮の石積みです。コンクリートで土留めをする現代土木と比較して、石積みの隙間によって、水や空気の通り道ができていることが分かります。コンクリートによって空気が遮断されることもありません。このように、美しい景観だけでなく、樹木と共存するような水脈が確保されていることが重要なのです。

木が健康的に育つための土壌をつくる。

土壌改良は、植栽をする前の大事な工程です。樹々にとって悪環境の中で植栽をするわけにはいきません。肥沃な土を入れ替えるだけでは、いずれ土の中の空気と水が滞ってしまい、土は呼吸できずに劣化し、微生物が生育できないのです。やがて時間がたてば、硬い土壌へと変わり果ててしまうでしょう。コンクリートに囲まれた環境であればなおさらです。こうしたことを踏まえて、土壌改良では、堆肥と炭と有機性肥料とゼオライトを撹拌(かくはん)していきます。

落葉をめくったときにフカフカの土が見えるように、団粒構造になった土が理想の土です。団粒構造の土とは、有機物などが集まって固まった土のことです。団粒構造の土壌には適度な通気性と保水性があり、樹木と共生している菌根菌(きんこんきん)などの菌類が住みやすくなります。菌根菌は、樹木の根と共生することで樹木が吸収することができない離れているところの水や養分を吸収してくれたりして、樹木にとっては、生きていくうえで欠かせない菌類といえます。

森から学ぶ、植栽の方法。

植栽は、健全な森林はどんな植生なのかを考えることが大切になります。なるべく自然の植生を庭にも持ってくることを心がけます。山の雑木林では、樹木は密集していながらも、高木、中木、低木、林床植物と空間を上手に住み分けて、立体的に形成されています。これにならって、現場で植栽する時も同じ様に密植して階層的に、高木、中低木、下草と空間を分け合いながら植付けることが大切です。

雑木の庭づくりに欠かせない樹木「コナラ」は根を深く伸ばす樹種です。根を深く伸ばし土中の水脈を改善し、土を健全な状態を造ってくれます。またコナラは日射しに強く、上部で枝葉を広げてくれれるので、その下のモミジなどの中木類は日射しを緩和され軟らかい枝振りになってくれます。このように最適な樹種の選択と組合せによって、月日が経っても雑木林のような樹々の姿が維持できるのです。

木は人間と同じで1本では生きられません。自然の雑木林を見ても、木は1本だけではありません。木を1本で植付けると、直射日光や地面からの照り返しが幹に当たります。すると幹は温められ、乾燥し幹から水分を奪い痛んでしまいます。水分や栄養分が上部まで上げれずに頭から枯れ始めてしまうこともあります。そのために密植が必要なのです。木を密集して植えることで、お互い強い日射しや風などから守り合えるのです。

近頃では、庭や外構でも雑木を扱われることが多くなってきました。山採り風の樹形で人気樹種ではアオダモやモミジやカエデなどがあります。それらは、成長が遅く管理が楽だという理由で選ばれている場合があります。しかし、それは成長しないのではなく、成長できない環境なのではないでしょうか?植付けた時は見た目は良いけれど、徐々に頭枯れしたり幹肌が痛んだり、いずれは枯れてしまうことがあります。植付けた時が完成ではなく、そのあと庭全体として成長できるようにしていかなければなりません。樹々が健康に成長していけるような手助けをし、人と樹々が共存できるような管理が大切です。

健全な自然環境のように仕上げる。

表層の仕上げには、落葉を使います。落葉を敷くことで、見た目が一気に自然の山の雰囲気になります。それだけでなく、落葉を敷くと雑草の抑制や表層の乾燥防止にもなり、また土の中で微生物が活動しやすくなります。このように見た目だけでなく機能面でも落葉は活躍してくれます。

樹木廻りの土を叩いて仕上げる場合もあります。こうして土を叩くことで、雑草が少しでも生えにくくなり、その土地にあったコケが付きやすくなります。また樹木が風に揺られることで、土に隙間ができやすくなって土中に水や空気をポンプのように送りやすくなるのです。

写真は、伊豆の天城山の山道です。このように健全な雑木林には斜面がきつくても落葉が堆積しています。また、ところどころコケが生えていることも分かります。人が手入れしているわけではないのに、樹木にとって理想的な環境が保たれています。こうした健全な自然環境から学び、雑木の庭づくりに活かしていきます。

TOPへ