山登り

掛川 小笠山登ってきました。

先日のこと、コロナで自粛モードの中、せっかく休みも取れたのに家に閉じこもっているのもと思い、急遽、家族で小笠山を登ってきました。近くに住んでいながら初めて訪れます。
標高265mの低山です。山登りと言うと頂上を目的地として道中を楽しむことが多いと思いますが、ここでは、下の写真の断崖の六枚屏風を目指します。
IMG_3289
IMG_3151
IMG_3150
小笠神社の下の駐車場に車と止め、スタートです。コナラやモミジなど落葉樹が芽吹く時期で、雑木の一番魅力的な時期に来れたことに感謝です。
IMG_3164
小笠神社前の桜は満開でちょうど見頃でした。
IMG_3160

IMG_3178
リョウブの新緑と美しい幹肌、ミヤマツツジの美しさに魅了されます。
常緑樹は、比較的海が近いからでしょうか、ウバメガシが多く、その他にはソヨゴやヤブツバキやヒサカキ、アセビなど林床の樹種も豊富、アカガシなどこのあたりでは珍しい樹種もあります。色々な樹種も楽しめる山だなと思いました。
IMG_3154
IMG_3167
しかし、この山でも松枯れやしっかりと根が張れずに倒木してしまった樹々が見られ心傷みます。それだけ土中の空気循環が滞っているのだと思います。どこもかしこも山は傷み悲鳴をあげています。自然は無口ながら、自らの命と引き換えにしっかりと危険信号のメッセージを送ってくれている。このメッセージを人はいつまで無視し続けるのでしょうか?暮らし方を考え直す時期にきていると思います。人も自然の一部。人の営みが自然にもプラスになるような暮らし方が求められると思います。
IMG_3173

IMG_3176
途中、断層も拝見できます。
玉石などの礫層がよく見られ、このことからおそらく大井川の影響を受けているのだろうと思われます。
大井川によって運搬されて貯まった砂利などが隆起して小笠山を形成したのでしょう。(おそらく)
IMG_3325
小笠神社を目指す途中、行者さまに拝み、その隣の力強い木に勇気をもらいます。
IMG_3184
長い長い階段の向こうに神社の境内があります。
やっと神社につきました。
IMG_3186
この日は、天気も良く、牧之原台地の地形がよくわかります。左奥には富士山も見えました。
IMG_3191
反対側では、遠州灘が見えます。海が近いことがわかりますね。
IMG_3198
もう少し、歩いてベンチと椅子のある展望台で昼食です。
簡単にコンビニで買ったカップラーメンとおにぎりで済ませす。でも、山で食べるカップラーメンってホント美味しいですよね。
ビールを持って来なかったことにちょっと後悔・・・。
IMG_3200
景色もいいです。
掛川の市街と奥にはまだまだ雪が残る南アルプスが拝見できます。今年も南アルプスでフライフィッシングができるように仕事を頑張ります!
さて、ここから頂上を目指します。
IMG_3214
道中、よく観察すると色々な発見があります。長男がトカゲを捕まえたり
IMG_3211
イノシシが水脈を改善していたり、
飽きさせないでくれるので山登りは楽しいです。
IMG_3221
両脇は崖で道幅が細いのスリル満点の登山道も進みます。
IMG_3224
頂上つきました。ここでは、景色が眺めることができないのがちょっと残念ですね。
ここからは、目的地の六枚屏風を目指します。
IMG_3246
IMG_3243
途中、こんなところ通るの?と言う険しい道があったり(実際、迷いましたが)、落葉樹の新緑とミヤマツツジのコラボの風景に癒されたり、
IMG_3247
あと、もう少しです。
IMG_3254D
着きました。六枚屏風の入り口です。
IMG_3311D
人と比べると、かなりの落差があり狭いことが分かると思います。
IMG_3269
奥に入ります。
IMG_3259
礫層が実感でき、谷が深いことがよくわかります。大地の呼吸口のようにも思えます。
IMG_3294
大人の体でも通りずらい奥までいき、鬼がいたよ!と子供をビビらせ引き返します。年中になったばかりの次男にはまだまだ効きます(笑)
IMG_3277D
入り口の方を見ると光がまた、綺麗です。
水や風によって侵食されたのだと思いますが、自然の力強さや美しさには人がつくるものには叶わないなと感じられます。
人の力は自然の前では無力だなと実感できます。自然に力で立ち向かおう、抑え込もうとするのではなく、逆に自然を味方に応援してもらうような空間づくりや暮らし方を見直すきっかけになりした。

小笠山、途中、険しい道もありましたが、まあーそれを登り降りすのも楽しいですし、樹種も豊富なのでおすすめできる山ですね。近場で思い立ったらすぐ行けるのがまたいいですね。
IMG_3316
帰りにヒカゲツツジも発見。
また、機会があれば登りたいです。秋もいいかもしれませんね。

2020-04-12 | Taged in | Posted in ブログNo Comments » 

 

平湯キャンプ場〜乗鞍岳・剣ヶ峰を目指して2019夏

もう、暑さも和らぎ涼しく秋模様になってしまいましたが、今更ですが、今年の夏の思い出を綴っておこうと思います。
台風が心配される中、家族で平湯キャンプ場に行ってきました。いつものことながら、夏の予定を決めるのが遅く、近頃のキャンプブームもあり、中々予約が取れない中、ここはのキャンプ場は全てフリーサイトで200台の収容能力があるので、僕ら家族にとってはとてもありがたいキャンプ場です。
IMG_8492

IMG_8493
夏はあまり暑いところにテントで寝たくないので、ここは標高1300mであり尚且つ、雑木林の中なので、涼しく快適に過ごせます。オススメのキャンプ場の一つです。
IMG_8062

IMG_8063
餅を焼いたり、プレスサンドを作ったり、
IMG_8036

IMG_8453
夜はランタンや焚き火を楽しんだりをしました。

1日中雨が降った日もあり予定より一泊多く泊まり、乗鞍岳の登山に臨みました。
乗鞍バスターミナルがある畳平についた頃はまだまだ霧がかっている状態でした。標高2700mにもなるととても寒いです。ここから小学1年生になった長男と数日後に4歳になる次男を連れて乗鞍岳最高峰の剣ヶ峰3026mを目指します。2700mまでバスで来れるので、助かります。
どんな、山登りなることでしょう。
IMG_8125
しばらく歩いてもまだ、霧は晴れません。
しかし、国の天然記念物の雷鳥で出会えました。
IMG_8116

IMG_8112
運よく出会えたので、この先も楽しくなりそうだと期待が膨らみます。
IMG_8155
肩の小屋をすぎたあたりから少しずつ霧が晴れ始めました。
IMG_8200
ここからは岩場が続きます。
IMG_8193
子ども達、わざわざ石の大きなところ、大変なところをよじり登りながらいきます。でも、一歩ずつ確実に助けなしで自分の足で登っていきます。
IMG_8227
頂上が見えました。
IMG_8223
霧も晴れ、乗鞍スカイラインが見え始めました。
IMG_8236
頂上小屋から渋滞です。

渋滞中は景色を楽しみます。
IMG_8249

IMG_8251

IMG_8254

IMG_8256

IMG_8257
IMG_8271
なんとか頂上到着し記念撮影。
IMG_8341
帰りはすっかりガスもなくなり、気持ちよく足が進みます。
IMG_8344

IMG_8349

IMG_8350

IMG_8352

IMG_8357

IMG_8370

IMG_8375

IMG_8383
休憩も入れて往復6時間かかってしまったけど、子ども達はなんとかおんぶもなしで自分の足だけで帰って来れました。
去年、尾瀬を歩いた時はずっとおんぶだった次男の成長が感じられた山登りでした。

2019-10-19 | Taged in | Posted in ブログNo Comments »