2021-06

掛川市 雑木の庭|起伏をたのしむウッドデッキのある庭

Planning|設計・施工のポイント

お施主様からは、ウッドデッキからなるべく段差なく芝生の庭に出たい、庭を近くで感じたい、との要望がありました。

庭に盛土をするにあたり、事前に水と空気が動くように水脈整備をしました。そして、盛土をする時は、自然の山の尾根と谷をイメージしながら、起伏をつけ芝貼りをしています。

夏場のウッドデッキは熱を持ち温度が上がり意外と利用しづらくなってしまいます。

そこで、デッキの形状を真四角でなく一部欠いて、そこに雑木の木立をつくるように植栽し、デッキに木漏れ日を落としやすい計画にしました。また、木陰が揺れれば光と影、風などを室内からも感じられ心を和ませてくれます。

雑木の木立は、高・中・低と階層的に密植し混植することで木々が健康に生育しやすくなります。それはまた、地中でも根が階層的になり、地中の水と空気の流れが良くなることにもつながります。

芝生を貼ったサブ駐車スペースも、従来のように緑化ブロックやネットを使わず、道路側から駐車スペース四方に水脈整備をし、土中に空気と水の流れを整えまました。

サブ駐車スペースから道路周囲は高低差がありますが、ブロックなどできっちりと土留めをするのではなく、石を無造作に組み、雑木の木立を点在するように植栽。石と木々の根が絡み、土も次第に安定していくはずです。

作り込む庭ではなく、なるべく自然に近づけようと思ってつくらせていただいた庭。木々が健康に育てば、おのずと人にも心地よい空間を与えてくれるものです。今後も、水脈部分や芝生の駐車場をメンテナンスしながら庭を育てていきたいと思います。

【庭228号 「土中環境を考える」掲載】

※写真1〜2枚目:牛尾幹太 撮影
※写真4〜6枚目:施工4年手入れ後に撮影

 

岡崎市 園庭|岡崎市子供療育センター

Planning|設計・施工のポイント

子供たちが自然に触れ、自然の日々の変化に気づき、光や影、風を感じるなどして感性を育めるような庭づくりを心がけました。

遊具は砂場と、土留めで使う丸太を高さに変化をつけて設置しました。丸太を平均台代わりに遊んだりもでき、起伏をつけた庭をぐるぐると走り回ることができます。

※写真4〜6枚目:施工3年半手入れ後に撮影

2021-06-08 | Taged in | Posted in 園庭, 施工事例No Comments » 

 

大地の再生お話会 開催します。

193355194_117142313896487_5367725085203951148_n

大地の再生 お話会を開催いたします。
テーマは〜大地の水と空気の循環から自然環境を考える〜

菊川市の菊川おんぱくのプログラムの一つになります。
https://kikugawaonpaku.jp/

案内人 くわひとつ 田中俊光

周りを⾒渡せば、道路や宅地やメガソーラーなど、⽊々を伐採し、⼭を削りコンクリートやアスファルトで⼤地を覆ってしまっています。 この⾏きすぎた現代⼟⽊によって呼吸ができなくなった⼤地は、⽔をしっかり蓄えれず、⾬は⼀気に地表を流れ、土砂崩れや川の増⽔などの被害が起こっています。⼤地の⾎管である⽔と空気が循環する⽔脈がどのように自然環境に影響を及ぼしているのか「⼤地の再⽣」の視点のお話を致します。
開催日時間
日付6月13日 (日)10:00〜12:00(9:30〜受付)
7月4日(日)10:00〜12:00(9:30〜受付)和田公園
参加料金
2000円
開催場所
プラザきくる(6/13)
和田公園(7/4)
静岡県菊川市堀之内61
お申し込み先
くわひとつ(株式会社ナインスケッチ)
電話番号 053-435-1235
メールアドレス contact@9sketch.com
URL https://www.9sketch.com/

2021-06-04 | Taged in | Posted in お知らせNo Comments »